不動産用語集不動産用語集

初めてお部屋を借りるときなどは、知らないことばかり。不動産屋さんに行ったものの何て聞いたらいいのか分からない。そんな時、この不動産用語を知ってればかなり役に立つはずです。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行

媒介契約

不動産の売買・交換・賃貸借の取引に関して、宅地建物取引業者が取引当事者の間に立ってその成立に向けて活動するという旨の契約をいい、売主または買主(賃貸借取引の場合には、貸主または借主)と宅地建物取引業者との間で締結される。

売買契約

当事者の一方が、ある財産権を相手方に移転する意思を表示し、相手方がその代金を支払う意思を表示し、双方の意思が合致することで成立する契約のこと(民法第555条)。

パイプシャフト

マンションには、給排水管やガス管などが上下階を貫通して縦に通っている。このうち給水管とガス管は玄関横のメーターボックス内。住戸内で排水縦管を通しているのがパイプシャフト(PS)。

ハウスクリーニング

専門業者が有料で住宅の清掃サービスをすること。「清掃代行サービス」ともいう。

幅木

壁の最下部で床に接する所に水平に設けられた化粧材のこと。
壁の最下部を物がぶつかる等の損傷や汚染から保護し、床の納まりを良くする。木材、石、タイル、金属板、プラスッチック等が用いられる。

小屋組や床組の荷重を二点支持により水平や斜めの状態で支える横材のこと。

バリアフリー

高齢者や身体障害者など、体の不自由な人々の行動を妨げる物的・心理的障害を取り除くという意味。

バルコニー

建物の壁面から突き出した床の部分。ベランダともいう。

ヒートショック

急激な温度変化が身体に与えるマイナスの影響のこと。温度が急に変わると血管が伸縮して、血圧が急激に変動したり、脈拍が速くなったりする。

ヒートポンプ

空気や水などの環境中にある熱(=ヒート)をくみ上げて(=ポンプ)、その熱エネルギーをより高いレベルに上げたり、低いレベルに下げる技術のこと。これまで利用されていない、または捨てられていたエネルギーを再利用することで、エネルギー効率の高い冷暖房システムが可能になる。

引き戸

溝やレールに沿って左右に動かし開閉する方式の戸の総称。片方に引く片引戸、両方に引き分ける両引戸、壁体に引き込む引込戸、2本の溝やレールにより重ね合う動きが出る引き違い戸などがある。木製のほかアルミサッシや鉄も。

庇(ひさし)

玄関ポーチ、窓、バルコニー、テラスなどの上部に建物の壁面から突き出す形で設けられた片流れの屋根状の覆い。

ピッキング

特殊な器具によって鍵を使わずに玄関扉などの錠を開ける技術、または不正に解錠して侵入窃盗を行う手口を指す。

必要月収

旧・住宅金融公庫の収入基準の一つで、毎月返済額の5倍以上の月収があることが必要だった。

ビニールクロス

ポリ塩化ビニルを主原料とする壁紙のこと。ほかの壁紙に比べて施工が簡単で、比較的価格の安いものが多いために広く普及している。

表示登記

土地・建物に関する物理的状況を表示した登記のこと。
一筆の土地または一個の建物ごとに作成される登記記録のうち、表題部に記載される。

開き戸

建具枠に蝶番や軸受け金物で扉を取り付け、その軸を中心に回転させて前後に開閉するドアのこと。扉1枚の片開き戸と扉2枚の両開き戸がある。

ピロティ

本来はフランス語で「杭(くい)」のこと。そこから派生して、建築物を柱だけで支え、1階部分が自由に通り抜けできるようになった建築スタイルのことを「ピロティ」と称するようになった。

複層ガラス

2枚の板ガラスで空気層を挟み込んだ断熱性の高いガラス。「ペアガラス」ともいう。スペーサーの中に入れた吸湿剤によって空気層を乾燥状態に保っている。

襖(ふすま)

障子の一種で木製の下地骨の両面から紙または布を張ったもの。主に和室や茶室に使われる。

不動産公正取引協議会

不動産広告の適正化を目的として、全国9ブロックで設立されている不動産会社の団体のこと。例えば、首都圏ブロックでは「公益社団法人首都圏不動産公正取引協議 会」が設立されている。

不動産取得税

不動産を有償または無償で取得した場合や改築等により不動産の価値を高めた場合に、その取得者等に課税される地方税のことである。
不動産の所在地の都道府県が課税の主体となるので、実際の徴収事務は都道府県が行なうこととされている。

不同沈下

建物荷重や外力の作用によって、場所によりむらがある沈み方で地盤下に沈下する現象。
傾斜や地盤の状況、基礎の形状等が原因となり、地震時に軟化現象等を引き起こすことによって起きる。

不燃材料

建築物の材料のうち、建築基準法で定められた不燃性を持った材料のこと。通常の火災時に、加熱が始まってから20分以上は燃焼しないことが求められる。

フラット35

独立行政法人・住宅金融支援機構が行う証券化支援事業によってサポートされた長期固定金利の住宅ローンの名称。支援の仕方によって「買取型」と「保証型」に分かれる。

プレハブ工法

工場で部材を生産し、ある程度まで組み立ててから現場に運んで組み上げる工法。

フローリング

木板や木質材料による床板のことを一般に「フローリング」という。

プロパティマネジメン

委託を受けて不動産の管理・運用を行なう業務をいうが、特に収益性の確保・向上をめざした業務をさすことが多い。

平面図

いわゆる「間取り図」のことで、建物を床上1~1.5mの高さで水平切断した面を表現した図面。設計図書のなかでも基本となる図面。

べた基礎

基礎の底部が隙間なく連続し、基礎の底部が一枚の板状になっている基礎のこと。

ペット可マンション

管理規約でペット飼育を認めているものを「ペット可マンション」と呼ぶ。

返済負担率

住宅ローンを借りるときの収入基準のひとつで、年収に対する年間返済額の割合。「ローン返済率」ともいう。

変動金利

最初に借り入れたときの金利が返済途中に変化するもの。短期プライムレート(短プラ)や長期プライムレート(長プラ)に連動して設定される各行の長期金利を基に決まるのが一般的。

ボーナス払い

住宅ローンを、毎月支払い分と年2回のボーナス時加算分に振り分けて支払う返済方法のこと。

ボーリング調査

地盤調査の手法のひとつ。機械器具を用いて地盤に深い孔を掘ることを「ボーリング(boring=穿孔作業、試錐)」という。

防火構造

建物の外壁や軒裏について、建物の周囲で火災が発生した場合に、外壁や軒裏が延焼を抑制するために一定の防火性能を持つような構造のことである(建築基準法2条8号)。このため、防火構造は一般に「外壁・軒裏防火構造」と呼ばれることも多い。

防火地域

防火地域は、都市計画で指定される地域であり、火災を防止するため特に厳しい建築制限が行なわれる地域である(建築基準法61条)。

法定相続分

相続が発生したときに、相続人のうち誰がどれくらいの財産を受け継ぐかを民法で定めた割合を「法定相続分」という。配偶者、子、親、兄弟姉妹、それぞれの相続分が相続順位ごとに指定されている。遺言や遺産分割協議で、法定相続分とは違う分け方をしても構わない。

防犯金具

玄関ドアから侵入する犯罪を防ぐために、錠前と併用して付ける金具。「ガードプレート」や「ドアボス」などがある。

保証金

契約を守ることを担保するために支払うお金を一般に保証金という。契約終了後に無利息で返還されるのが普通。全額返還せず1~3割償却されるケースもある。不動産の世界では、敷金とほぼ同じ意味。

保留地

土地区画整理事業を実施した際に、事業主体が取得する宅地のことを「保留地」という。

【泉ハウジンググループについて】

茨城県神栖市鹿嶋市神栖市波崎千葉県香取市などの茨城県東南エリアを中心に賃貸マンション賃貸アパート賃貸一戸建てマンスリーマンションなどのお部屋探し、不動産売買をお考えの方。当社は鹿島臨海工業地域のある神栖市で、地元に密着した賃貸管理、不動産業を行っております。賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸一戸建、賃貸テナント土地から 社宅の実績も豊富ですので何でも安心してご相談ください。また、家具付き短期賃貸=マンスリーマンションのパイオニアとしてミスタービジネス全国フランチャイズ展開しています。ご出張から賃貸まで全国ご紹介いたします。明るいスタッフがお出迎えいたします。

メールでのお問合せ