不動産用語集不動産用語集

初めてお部屋を借りるときなどは、知らないことばかり。不動産屋さんに行ったものの何て聞いたらいいのか分からない。そんな時、この不動産用語を知ってればかなり役に立つはずです。

あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら行

家賃債務保証

住宅の賃貸借契約に当たって、家賃債務を担保するために求められる保証をいう。
連帯保証人を立てる方法が一般的であるが、それに代わって、家賃滞納の場合に一時的に立替え払いするサービス(家賃債務保証サービス)が活用されることもある。

遺言

死後の法律関係を定めるための最終意思の表示をいい、日常用語として、「ゆいごん」と読むことが多い。

床下換気口

木造住宅の布基礎で、床下に湿気がこもらないように通風をとるために設けられた換気口(孔)のこと。ネズミなど小動物などの侵入を防ぐためのスクリーン(格子など)をつけるのが一般的。

床下収納

床下のデッドスペースを利用した収納。主にキッチンや洗面室などに設置してストック用品の収納場所に利用される。

床面積

建築物の各階において、壁その他の区画の中心線で囲まれた部分の面積をいう(建築基準法施行令2条1項3号)。

ユニットバス

工場成形の床、壁、天井、浴槽、機器類のセットで構成される浴室のこと。浴槽と床だけを一体成形したものは「ハーフユニット」と呼ぶ。

養子

血のつながりのない人が養子縁組によって子になったもの。

容積率

延べ面積を敷地面積で割った値のこと。
例えば、敷地面積が100平方メートル、その敷地上にある住宅の延べ面積が90平方メートルならば、この住宅の容積率は90%ということになる。

用途地域

建築できる建物の種類を定めた地域のこと。都市計画法第8条第1項第1号に規定されている。
用途地域には、建築できる建物の種類に基づいて、「第一種低層住居専用地域」「第二種低層住居専用地域」「第一種中高層住居専用地域」「第二種中高層住居専用地域」「第一種住居地域」「第二種住居地域」「準住居地域」「近隣商業地域」「商業地域」「準工業地域」「工業地域」「工業専用地域」という12の種類が存在する。

擁壁(ようへき)

崖を覆う人工の壁のこと。
主に、敷地と道路に高低差がある場合や、敷地の背後に崖がある場合に設置される。

浴室

浴槽の他に洗い場が別に付いているのが和風浴室。日本ではこれが一般的。浴槽で体を洗い、他に洗面ボウル、便器が付いていて洗面室としても使えるのが洋風浴室。

浴室乾燥機

浴室用の換気扇に、乾燥や暖房などの機能を加えたもの。40~55度の温風を吹き出して、浴室内やそこに干した衣類の乾燥、予備暖房などを行う仕組み。

浴槽

浴槽は深さと形状によって分類される。深さ約60cmでひざを折って入ると肩までつかれる「和式」、45cmぐらいの浅く長い浴槽で寝そべるのに近い姿勢で入浴するのが「洋式」、2つの中間で深さ55cm程度のものを「和洋折衷式」と呼ぶ。

【泉ハウジンググループについて】

茨城県神栖市鹿嶋市神栖市波崎千葉県香取市などの茨城県東南エリアを中心に賃貸マンション賃貸アパート賃貸一戸建てマンスリーマンションなどのお部屋探し、不動産売買をお考えの方。当社は鹿島臨海工業地域のある神栖市で、地元に密着した賃貸管理、不動産業を行っております。賃貸アパート、賃貸マンション、賃貸一戸建、賃貸テナント土地から 社宅の実績も豊富ですので何でも安心してご相談ください。また、家具付き短期賃貸=マンスリーマンションのパイオニアとしてミスタービジネス全国フランチャイズ展開しています。ご出張から賃貸まで全国ご紹介いたします。明るいスタッフがお出迎えいたします。

メールでのお問合せ